スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
事故は続く
kyorcvbnm.jpg

 京都府亀岡市の府道で23日、軽乗用車が集団登校の児童らに突っ込んだ事故で、重体だった市立安詳(あんしょう)小2年の小谷(おだに)真緒さん(7)と、別の女児の母親の松村幸姫(ゆきひ)さん(26)が死亡した。一方、車を運転していた無職の少年(18)=自動車運転過失傷害容疑で現行犯逮捕=が「運転中に居眠りした」という趣旨の供述をしていることが府警への取材で分かった。捜査関係者によると、軽乗用車は少年の知人のものだという。

 府警は少年の無免許や居眠り運転が事故原因とみて、容疑を自動車運転過失致死傷に切り替えて調べている。

 また、車に同乗していた大学1年の少年(18)=京都府南丹市=と専門学校生の少年(18)=亀岡市=を道交法違反(無免許運転)のほう助容疑で逮捕した。2人の逮捕容疑は23日午前7時半ごろ、運転の少年が無免許と知りながら、自宅まで送るよう頼んだ、としている。いずれも容疑を認めているという。この2人も車の免許を取得していなかった。

 府警によると、松村さんは同小1年の長女蒼愛(そあら)さん(6)=重傷=の登校に付き添っていた。1~2列の集団の最後尾にいたとみられ、車の破損状況などから、松村さんが最初にはねられたらしい。

 車は、松村さんをはねた地点から約20メートル先で止まった。道路沿いの花壇などに衝突し、最後は道路の中央側に向きを変えていた。府警は、少年が居眠りをしていたため、ブレーキをかけないまま児童の列に突っ込み、衝撃で目を覚まして車を停車させた可能性があるとみて調べている。

 一方、運転していた少年の父親(47)=会社員=は23日夜、取材に「被害者の方には本当に申し訳ない」と謝罪した。父親によると、少年は約2年前、無免許で原付きバイクを運転し、検挙されたことがある。

 2人の死亡により、重体は2人、重傷と軽傷は各3人=同小の女児7人と男児1人=となった。
毎日新聞



kyotyuiobubhub.jpg
この事件の話を仕事場で話していると

「この運転手だって普段は普通に生活しているから可哀想だよな」

っていう輩がいて

周りが呆れていた・・・

しょせんその程度の面々なんだな
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバックURL
トラックバック
copyright © 2005 へそで茶を沸かせ!! all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。